LOUISVILLE SLUGGER
History and Overview

LOUISVILLE SLUGGER

始まり

ルイスビルスラッガー(社名:Hillerich & BradsbyCo./ヒラリック&ブラズビー社)の創業者であるJ・フレドリック・ヒラリック(画像:J. Frederich Hillerich)は、1842年にドイツからメリーランド州ボルティモアに移住してきたヨーロッパ移民だった。ヒラリックは1856年にルイスビルに移り住み、そこで木工業を営み始めた。顧客からのあらゆる注文に応じ、手すりやベッド枠などの木工品を製造し生計を立てていた。後にルイスビルスラッガーバットの生みの親となるバド・ヒラリックは、彼の長男として1866年に生まれた。

J. Frederich Hillerich©Louisville Slugger Museum & Factory

父フレドリックのビジネスは順調で、1875年には20人あまりの従業員を雇うまでになっていた。

息子のバドは、14歳になる1880年ごろから少しずつ父の木工業を手伝うようになった。当時、アマチュア野球の選手だった彼は、自らのバットを手作りするとともに、時々、チームメートのバットも作っていた。

運命の一日

社史によると、バドが1884年に地元ルイスビルのメジャーリーグチーム、ルイスビル・エクリプスに所属していたスター選手、ピート・ブローニングのために作ったものが、プロ選手が使用した初めてのルイスビルスラッガーバットだとされている。

ある春の午後、17歳のバド(画像:Bud Hillerich)はエクリプスの試合を観に行った。ちょうどそのときブローニングはスランプに陥っており、不振の中バットを折ってしまうところを目撃した。そこでバドは、ブローニングを父の木工所に招き、新しいバットを製作することを申し出た。ブローニングの希望を聞き入れながら、バドは長い丸太から一本のバット削り上げた。ブローニングは早速翌日の試合にそのバットを使い、3本ものヒットを放ったのである。

Bud-Hillerich©Louisville Slugger Museum & Factory

ブローニングはその強打力から「The Louisville Slugger(ルイスビルの主砲)」と呼ばれていた。これが後にヒラリック家が製造するバットの名称の由来となるのである。

「Louisville Slugger」の誕生  

ブローニングはその新しいバットについてチームメートに話した。するとバットを求める選手たちが続々と訪れるようになった。バドは次第にバット作りに情熱を燃やすようになったが、一方、彼の父であるフレドリックは生活木工品を作ることにしか興味を持たなかった。それでもバドはバットの生産技術に磨きをかけ、自動研磨機などにも投資するほど夢中になっていた。やがてバットビジネスは軌道に乗り始めた。 1894年、バドは父から会社を引き継ぎ「Louisville Slugger」として事業をスタートさせた。

Bud_and_hand-craftedBat©Louisville Slugger Museum & Factory

契約選手第1号  

さらに成長を続けたJ.F. Hillerich and Son 社は、1905年、ピッツバーク・パイレーツの内野手として 活躍していた当時のスーパースター、ホーナス・ワーグナーと用具契約を結んだ。彼はメーカーと用具契約を結んだ初めての野球選手となると同時に、その後数千人ものスターたちと契約をすることになるルイスビル社の契約選手第1号となった。

数々のスーパースターが愛したバット  

1911年、取引先でバイヤーとして働いていたフランク・ブラズビー(Frank Bradsby )を迎え入れた。彼は販売とマーケティングにおいて優れた才能を発揮し、会社の業績に大きく貢献した。1916年に彼はビジネスパートナーとしての地位を築き、社名は現在の「Hillerich &Bradsby Co.」と変更された。

その後も順調な成長を遂げ、一年間に100万本ものバットを製造するまでになった。1923年ごろまでには、アメリカ一の販売を誇るバットメーカーへと成長し、ベーブ・ルース、タイ・カッブ、ルー・ゲーリック、テッド・ウイリアムズなど、多くのスーパースターたちと契約を交わしたのである。

 

TedWilliams©Louisville Slugger Museum & Factory

誕生から130年  

バド・ヒラリックが最初のバットをピート・ブローニングに作ってから130余年。この間、ルイスビルスラッガーは1億本以上ものバットを世に送り出してきた。現在もメジャーリーグにおいては、約6割の選手たちがルイスビルスラッガーのバットを使用している。紛れもなく、野球史の中で最も愛されてきたバットブランドであるといえるだろう。時代が変わり、素材が加わり、パフォーマンスを追及して生み出される商品は、年ごとに進化を遂げている。木工所から始まったバット開発は、今や限りない技術進歩とともに現代に受け継がれている。

52394 Louisville Slugger Museum & Factory Facade

©Louisville Slugger Museum & Factory