Tennis

お知らせ 2020/08/21

地球環境への取り組み


プラスチックごみ問題への関心が世界的に高まる中、

ウイルソンも、テニス業界をリードする存在として環境問題に真摯に向きあい、

さまざまな取り組みを実践していきたいと考えています。

ウイルソンの「地球環境への取り組み」 特設ページ



2019年11月にウイルソンはTRINITI #地球環境を考えるボールを発売しました。それはその名の通り、地球環境を少しでも良くしたいという想いで開発をしたボールです。

TRINITIはプレッシャーボールですが、従来のペット缶に入っているテニスボールと異なり、再生可能木材から作られた紙のパックに入っている事で、プラスチックゴミを減らすというアクションにつながります。
ある調査によると、世界では1年に約1億2500万缶のペット缶が廃棄をされているそうです。
その量を少しでも、そして将来的には大きく減らす事が、テニスメーカーとしてできるアクションであると考えています。

以下のテニススクール様では、このような地球環境に対する取り組みに賛同して頂き、TRINITIをスクール球として採用されています (2020年8月時点)

  • ◇ 小田急町田テニススクール
  • ◇ 小田急はたのテニスガーデン
  • ◇ みんなのテニス
  • ◇ レイムテニスセンター
  • ◇ 春野インドアテニスステージ

ウイルソンはTRINITIの事を1人でも多くの方に理解頂き、賛同してもらうための努力を今後も継続的に続けていきたいと考えています。

気になる商品を「製品比較へ追加」すると特徴を横並びで比較することができます。

気になる商品を「製品比較へ追加」すると
特徴を横並びで比較することができます。

Close